LINK
為替介入(外国為替市場介入)は耳にした事がありますか?日本銀行が為替の介入をして新聞記事、テレビのニュースヤフー等の報道でご覧になった方もいるでしょう。元来外国為替平衡操作(為替介入)というものは日本においては、財務大臣が為替の相場の沈着を保てるように実施する手はずということで見なされています。簡潔に言えば、極度の円高、円安が起きると財務大臣の命令によって中央銀行である日銀が円を売買することで為替の相場の安定性を狙う、ものです。為替介入とはいくつかやり方があるのです。1.単独介入・・・政府機関または日本銀行が東京での市場で自分から市場に入って介入をする。2.協調介入・・・いくつかの銀行などが協議したうえで、各々の銀行などが持ち金を活用して一緒あるいは続けて外国為替平衡操作(為替介入)を行なっていく。3.委託介入・・・海外の銀行などへ外国為替平衡操作(為替介入)を任せる。4.逆委託介入・・・中央銀行(日本銀行)が海外銀行などに成り代わって為替介入(外国為替市場介入)を行なう。このような方法があります。どの場合の外国為替市場介入(為替介入)も一時的、もしくは連続して為替市場に大きな効果を与えるでしょう。外国為替平衡操作(為替介入)の金額は当然のことですが自国の誇りをかけて行なうのですから桁違いです。円を元にして説明すると、通常は数銭単位で動く為替相場がいきなり数円ずつの変化をするのです。個人の投資家の方でしたら今までに体験していると考えますがそれまでは問題なく含み資産(もしくは損失)が増えていた保有高を保持していたところへ、持続している持ち高が決済したとの内容の報告が外為の会社からEメールが来ました。どの程度得になったのかな(損益が出たのかな)?と気にしながら決済後の通達を確認したところ自らが推測していた事と正反対の状態になってしまい目が点になってしまうパターンがよくあります。為替の介入が行なわれた際に起こりがちななのです。こういったことから為替介入(外国為替平衡操作)が行なわれることで為替市場の変動とまったく逆の変動をすることがわかりました。加えて動く額の範囲は非常に大幅に動くため注意が必要なのです。