LINK
月刊誌の宣伝、スポーツ紙、街角に配布された宣伝広告やDMなどで「負債の片付け任せてください」「負債を統合しましょう」と書かれた売り文句を読むことがよくあります。こういったものは、「整頓業者」「買取専門屋」「つなぎ屋」と呼ばれている会社の宣伝の場合があるということです。そういったものを依頼した際には自己破産申請プロセスの中で免責許可を受けられない危険が存在します。「整理人」ではチラシなどで多重債務者を引きつけ高額の依頼料を受け取って借金整理をやりますが実際は負債整理は実行されずに、借金者はもっと負債スパイラルにはまる場合がほとんどと言ってよいでしょう。「買取人」では、負債者のローンで、家電、チケットを山ほど購入させて、そういった商品を販売額の1割から半値で買取るというやり方のようです。依頼者は小金がもらえますが、いつかクレジット会社から買ったものの完全な督促が送られて来ることになり、結局のところ負債を増やすことになります。この場合はクレジット会社への詐欺であるとされてしまい免責許諾をもらえません。「紹介人」の場合金融業者から貸してもらえなくなった負債者に対し、業者として融資はしないでおいて、提供を可能な企業を知らせて、高額な紹介料を請求する悪徳業者です。紹介業者は高度な手続きでお金を貸し出ししてもらえたという口調で報告しますが、実際は何もしておらず、単純に選考のゆるめの会社を教えているだけというやり口です。このときも現実には借金を悪化させる結果となります。