LINK
契約店で全部の契約カードが決済可能なのでもない■カードの加入店舗は多くの場合、複数のクレカの運営会社に入っていますが、残念なことにみなのショップでどれもの運営会社の所有カードが使用できるのでもありません。例えば古いタイプの商店の際にはJCBロゴの付いたクレカしか切れないときもあるし近頃の加盟店の場合VISA、マスター名前の入っているクレカしか決済不可な場合もあります。ダイナースクラブカードなどのクレカ会社の場合には、さらに決済できない店舗が増えるはずです。どのマークの所有カードが切れるかをいかに見たらいいんだろう?「それならどうやって何のロゴのカードが使用可能かというのを判断するといいの?」といっても、ちゃんと理解するんだとすると該当店の人に尋ねてみるのみしかないていうのが実のところその回答です。だが多くのお店やレストランには店舗前の目につきやすいスペースに使用できるクレカのサインが入っている加盟ステッカーが貼り付けられているので、「そうか、あそこのお店ではVISAカードが切れるんですね」というふうに分かりやすくされてるから安心してもらえると思います。いっぽうで、正確に契約管理が行き届いていないショップの場合にはマークが掲載されている場合でも「現在では○○クレジットカードはご決済いただけません」みたいな案内をもらう場合もありメンツを失うようなこともなくもないですね。贅沢をいえば可能な限り全てのお店でカードが切れるようにする目的を考えると別の種類のロゴ(国外印)がプリントされている一般的なMasterCard、ダイナースカード、等のカードをいくつか使えるようにしておくようにするとよいと思います(例えば:ニコスカードをいつも使っているならもう一枚はアメックス契約のクレジットカードを使用するなど)。特に日本ではVISA、マスターカード、JCBの3つのロゴが書いてあるクレジットカードをそれぞれ使えるようにしておけば間違いなく100%近くの加盟店でいずれかのカードを切ることができます。カードを活用してキャッシュレス生活を続けるつもりならばしっかりとこれらのクレジットカードを所有しておいていただくことをお勧めします。